理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    今回の記事は自作アーケードコントローラーの二作目です。
    なぜ二作目を制作しようと思ったかというとネットでアケコンの記事を漁っているときに凄まじいものを発見してしまったからです。

    それは

    「REVIVE USB」


    AD00




    前回のアケコン制作の記事の⑶ の中でアケコンの外側を制作した際に、もともとコントローラーを制作している会社の製品の基盤を使用するいわゆる乗っ取りという手法を用いて制作しましたが、このREVIVE USBでは自分でPC用のアーケードコントローラーを一から作成できてしまうのです!

    詳しい説明は⑵で中身制作編を書こうと思うのでそちらを参考にしてください。

    この商品を見つけた瞬間にいてもたってもいられなくなってしまい即弐号機の制作を決意しました。



    今回の記事は外側の制作についてです。

    まず二号機の構成ですが、パーツは前回と同じく千石電商にてセイミツのレバー



    と三和のボタンを購入。



    次に東急ハンズにて12mmのアルミ板とアルミ板に合うサイズにカットしてもらった木材を購入。
    アルミ板はアマゾンなどでも売っているので簡単に購入できます。また土台部分に関しても金属の箱のようなものを加工すれば制作する必要は無いと思います。


    前回はシューティングやレトロゲームに特化させて制作したので6ボタンでしたが、今回はPCのゲームをメインに遊ぶということで8ボタンにしようと思います。

    今回使用したボタンは上が青、下が赤、一番はじの2ボタンは黒とオシャレ感を出してみました。
    レバーボールは水色です。


    さてさて、前回の制作⑴でも説明した通り、このアケコン制作で一番の重労働はアルミ板へのはめ込み穴をあける作業です。
    前回はリーマーをひたすらゴリゴリゴリゴリと回して数時間あるいは数十時間かけて完成させましたが、今回私の友人がたまたま使っていなかったボール盤を引っ張り出してくれることとなり、アマゾンでステップドリル


    を購入したのでものの1時間ほどで穴あけ作業が完了してしまいました。
    IMG_2944

    元が30系のドリルなのでボール盤で貫通させれば済んでしまうのは本当に楽ですね。
    IMG_2948

    実際にボタンをはめたところがこちらになります。IMG_2949
    裏から見るとこんな感じ。

    したの赤ボタンが一つ無いのはボタンを止めるプラの部分が初期不良?なのかわかありませんがゆるゆるになっていたので後日千石で買い直しました。

    そしてこの基盤を載せる土台部分は今回も木材を使用しています。
    木材の土台作成に関しては自分でアケコンを作ってみたい⑵を参考にしてみてください。


    というわけで今回の⑴はざっくりとですが基盤以外の外側の制作について書かせていただきました。
    次回は内側の回路およびREVIVE USBについて書いていこうと思います。






    趣味・ホビー ブログランキングへ
     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    kira_011

    今日の記事は来月末発売予定のなんとファミコンの新作ゲーム!
    「キラキラスターナイトDX」

    について書いていこうと思います。 

    まず注目すべきところは、今作はファミコン実機・互換機対応ゲームソフトだということです。
    ゲームの内容としてはゲームソフトというよりもサウンドトラックに近いようではありますが、一応女の子がステージを駆け巡り星を集めるミニゲームが遊べるようです。

    各ステージごとに当時の有名ゲームの音楽を手掛けた方々が曲を作曲しているようでファンの方ならそれだけで買う価値があること間違いなしの一品のようです。

    作曲をしている方は具体的には
    スターソルジャーや迷宮組曲、カトちゃんケンちゃんなどの曲を手掛けた国本剛章さん。
    ゼビウス、ディグダグ、ドラゴンバスターなどの曲を手掛けた慶野由利子さん。
    イース、アクトレイザー、セブンスドラゴンなどの曲を手掛けた古代祐三さん。
    サマーカーニバル92烈火、マックスウォーリアーなどの曲を手掛けた塩田信之さん。
    8BIT MUSIC POWERで作曲を手掛けたTappyさん。
    同じく8BIT MUSIC POWERで曲を手掛けたHallyさん。
    FINAL FANTASY X CHIPSなどで曲を手掛けたBunさん。
    ロックマン、ロックマン2などで曲を手掛けた松前真奈美さん。
    ファミリーミュージック、ファミリーレーシングなどで曲を手掛けた
    除村武志さん。
    SquareSoundsTokyo 2014などで曲を手掛けたRobokabutoさん。
    メタルブラック、ボーダーダウンなどで曲を手掛けた渡部恭久さんが参加しているようです。
    過去作品を見ても分かる通り作曲家としてどの方も神様レベルの実力者。
    あのころ聞いたあの曲の雰囲気をもう一度味わうことができるかもしれません。

    さらにこの作品のすごいところはドット絵を担当している方々も実力者ぞろいということです。
    パックマンに始まりギャラガ、ゼビウス、マッピー、ディグダグ、ドラゴンバスターなど名作のドットを多く手がけてきた小野浩さん。
    ストリートファイターゼロ3などの作品を手掛けたEinさん。
    またドット絵を利用したTシャツを販売しているBAN-8KUさんが手掛けているようです。

    きになるそのクオリティはyoutubeにプレイ動画が上がっていたので参考にしてみてください。

     
    実機でも起動可能と書いてありますが、まさかファミコンでここまで綺麗にドット絵が動くとはオドロキです。

    数十年経ってもチップチューンとして親しまれ続けている8bitミュージック。

    ご家庭のタンスにファミコンが眠っている方は是非掘り起こして起動してみてはいかがでしょうか。 


     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです




    ネットサーフィンをしてると常にほしいものが出てきちゃって大変な今日この頃。

    そろそろ夏も近づいてきて、キャンプなどアウトドアの予定が入っている方も多いのではないでしょうか。
    かく言う私もこの夏には友人とどこかの島にキャンプに行こうと相談していたところです。

    そんな私が先ほどアマゾンでキャンプ用品をいろいろと探していたところ、とても面白そうな商品を発見したので記事にしてみたいと思います。

    その商品は
    BioLite(バイオライト) キャンプストーブ


    どうやらこの商品、キャンプなどで利用する焚き火の火力を元に発電ができるようなのです。
    しかもただ発電できるだけじゃなく発電した電気のアウトプットはUSBになっているということで、焚き火をしたり、料理をしたりしながらスマートフォンを充電できる仕組みとなっているようです。

    肝心な電気の出力なのですが、アマゾンを参考にすると
    USB出力:2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
    とのことなのでスマートフォンを充電したり、USBの簡易的なライトを点灯させたりなどには困らない出力はあるようです。

    youtubeに紹介動画があがっていたのでそちらもぜひ見てみてください。


    いやー、理系男子の私としてはまず火力発電、てところがロマンですね。
    現在日本でもっとも主流となっている火力発電。それを携帯可能サイズに落とし込んでくれるとはなかなか面白い商品だと思います。

    アウトドアなんかだとわざわざ大容量のポータブルバッテリーを持っていって充電したりしていましたが、これがあればその必要はなくなりそうですね。

    また別売りの付属品としてこのバイオライトで使用できるグリルが打ってるようです。


    料理の片手間や夜に明かりをつけている一方で充電できるのはうれしいですね。







    この記事が面白いと思ったらぜひ下のリンクをクリックお願いします。




    趣味・ホビー ブログランキングへ

    このページのトップヘ