理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです



    最近は暑い日が続いて毎日寝付くまでに時間が掛かるようになってきました。
    今年は山梨ですでに37度を記録したようで今後の暑さが少し不安ですね。

    ということで今回は新しい生体を購入したのでブログにしたいと思います。
    購入したのはありんこすぽっとさん 。
    今回購入した生体はクロナガアリ女王三匹セットです。


    どうしてクロナガアリなのかと言いますと、実はこの蟻はちょっと変わった植生をしているようなので興味が湧いたからです。
    通常の蟻は砂糖水をベースとして、人工飼料や昆虫などの動物性蛋白をメインな食料としていますが、このクロナガアリの主食はなんとらしいのです。

    実りの秋に一気に巣に種を溜め込んで、それを食べて一年間過ごしているようです。

     今回届いたのはプリンカップのような容器に入っていました
    DSC_0027
    保湿などはされていないようだったので早速持っていたアクリルケースに湿らせたスポンジを入れて引越しの準備です

    アリはすぐには引越しをしません。時間をかけてゆっくりと安全を確認してから引越しをします。
    それまでは
    DSC_0029
    つないであるパイプの中を行ったり来たり。
    一匹来たかと思うとかえってしまい、また一匹
    DSC_0030


    4回目くらいで入り口近くまで来たのですが、結局帰ってしまいました。
    DSC_0031
     
    今まで自分はアリの餌に水とハチミツと人工飼料を混ぜたもの
    DSC_0032
    を与えていたのですが、種が主食ということなので、今後試行錯誤のしがいがありそうです。
    とりあえず鳥の餌を買ってきて入れてみようかな。
    DSC_0028
    ちなみに届いた時点でワーカーが七匹ほどいました。
    女王三匹いるだけあってすぐに大コロニーに成長してくれそうです。


    読んでいただきありがとうございました。





    ペット ブログランキングへ  

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです


    今日の記事は久しぶりに蟻の観察日記にしてみたいと思います。
    まず大きな変化として、先日蟻の飼育ケースの大規模なお引越しを行いました。
    その理由は自分が置いたえさがカビてしまっており、石膏にもカビが生えてしまっていたので新しく生まれてくる幼虫のためによくないと判断したからです。新しいありの巣は、ひとまず20匹ほどのコロニーが収容できればいいかなと判断し、100均のプラスチックケースにしました。
    DSC_0023
    二匹のありの状況はこんな感じです。

    引越しは本来長時間掛けてありがするものなんですが、カビがひどかったので今回はパニックになることを覚悟で私が移動させました。
    ワーカーがいるほうは比較的早く一箇所に落ち着いたのですが、女王しかいないコロニーはなかなかパニックが解けません。ほんとにごめんよ。

    DSC_0025

     それでも引越し数日で一応二匹とも新規の卵を抱えて巣作りに戻ってくれました。
    えさは今は餌場を用意できていないので入れて食べ終わったら出す、という方法でカビを防いでいます。
    DSC_0026
     こっちのコロニーは比較的早くワーカーが誕生したので今年どこまで増えてくれるか期待しています。

    ありがとうございました。


    人気ブログランキングへ
     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです




    今日大学が終わり、ちょっと買い物をしたくなりふらっと町を歩いていたら、中古商品を扱っているお店の外にワゴンセールコーナーがあるのを発見しました。
    普段あまりワゴンセールには興味がわかないのですが、置いてある商品が電化製品系のものだったので興味がわき覗き込んでみました。

    すると中にいくつかのトイカメラを発見。
    お値段を見てみると500円だったのでこれは面白そうだと思って購入してみました。
    無題
    表面にはでかでかとトイデジカメのロゴ、右下に小さくプリントされた30万画素がなんとも興味を引き立てます。

    買ってテンションがあがってしまい開封するところの写真を撮り忘れてしまったのですが、内容物は
    ・トイカメラ本体
    ・携帯用ストラップ
    ・USBケーブル
    ・取扱説明書
    ・専用ソフトウェアの入ったCD
    ・黒いキャリングケース
    となっておりました。

    まずは使い方を把握しようと説明書を一読、している途中にある文章を発見して驚きました。
    といかめ
    これいつの商品やねん・・・・・
    windowsXPはもう公式サービスを終了しちゃったんだよ・・・・・・
    おそらくどこかの倉庫に眠っていたデッドストックか何かだったのでしょう。
    確かにそう思ってみると箱の節々に黄ばみやすれが目立ちます。

    まあ古い商品でも面白い写真が取れればそれでよし!と思いひとまず風景の写真を撮ってみることに。
    新宿に遊びに行く用事があったので新宿の大通りをパシャ!
    Photo007
    んん!!?
    なんか微妙にディスり辛いというか、ちょっと味があって良いなとか思えちゃう写真で悔しい。
    色はぐちゃぐちゃっぽく感じますが、今こういった写真を撮ろうと思ってもなかなか取れないきがします。まあどういう写真なんだよって話ですが。

    んで、色の撮れ具合を調べようと次は自室での撮影。
    IMG_3015

    被写体はペリカンのブルーのインク、これを撮影しているのはiPhone6sなので当然のことながらきれいに色の濃淡が写っております。
    さてこれをトイカメラでとってみると・・・
    Photo001
    おー、あながち悪く、な、、、い、、、?

    なんかこれまた微妙なライン。確かに味はありますし、若干ながら色の濃淡も感じることができます。
    ちなみにこれは3回の失敗を重ねてようやく取れたものです。というのもトイカメラは覗き込むファインダーがただのガラス?になっており、覗いている絵と実際に撮影される絵に距離があるのです。
    簡単に言うと

    ファインダーをのぞいてぴったりにあわせてとった写真がこちら
    toy試写003
    片方に寄ってしまっています。
    これを防ぐためにファインダーをのぞかずに、カメラの位置で調整して取ったところうまく撮れました。


    感想

    まあ500円だったら一個買ってみて遊び倒してみるのも面白いかもしれません。
    トイカメラの有名なところだとデジタルハリネズミなんかではないでしょうか。


    自分はデジタルハリネズミをずっとほしいと思っていてのトイカメラとの遭遇だったので即決してしまいました。
    結果としてはまあ買ってみて、トイカメラってのはこんなカメラなんだなというイメージをつかむくらいはできたと感じています。
    IMG_3016
    まあルックスがかわいく、ある程度撮影できるカメラではありますので、今後も持ち歩いてみて面白い写真が取れたら記事にしてみようと思います。

     

    このページのトップヘ