理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    Gallery_psvr_1
    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです

    はじめにこの記事内の考察部分に関しては、
    医学知識のない技術面からの考察となりますので、参考程度に御考えください。




    今回は今熱いとされているVR(バーチャルリアリティー)についての記事になります。
    今はVR元年といわれるとされているほどにバーチャルリアリティーというのが熱を持っている時代だといわれています。
    プレイステーションがVR対応したり、スマートフォンをアクセサリーでVRにできたり。
    など、価格面や技術面でもかなり一般人が触れやすくなっているVRですが、

    ここだけの話、というか、私の個人の感想なのですが、
    ニュースにされるほど普及しているのだろうか。というのが疑問です。

    というと、かなり乱暴に聞こえてしまうのですが、
    実際私もPSVRの発売前はかなり熱くなっており、秋葉原でのイベントや店頭デモなどで何度もVRヘッドセットを装着いたしました。
    確かに、臨場感や緊張感というのは、通常のディスプレイでゲームをしているのとは比べ物にならないくらいのものだったのですが、

    毎回これでゲームをやるか?
    と聞かれると、ちょっときついかな?と思ってしまいます。
    現に、私の友人も二人ほどPSVRを購入しているのですが、二人とも新製品が出て試すときは数時間、ヘッドマウントディスプレイを装着しているようなのですが、
    何せ長時間のプレイともなると、ディスプレイを見る以上に眼球疲労がたまります。
    computer_tsukare


    おそらくこの疲労感というのはゲームプレイや映画視聴などにおいて大きなデメリットとなりうるのではないでしょうか。

    この疲れの原因ですが、おそらく眼球からの距離があるのではないかと私は勝手に考えています。
    昔からゲームをやるときはテレビから離れて、テレビなどでは注意のテロップなど出るほどの決まり文句ですが、
    ヘッドマウントディスプレイはこの画面から目までの距離が極端に近いので、
    それだけ多くの光を間近で浴びることとなります。
    それによる視力の影響は、ネット上でもかなり議論の対象となっているようで、
    こちらのサイト様などでも視力への影響に関して懸念されています。


    さらに、影響が懸念されるのが斜視になるのではないか
    という部分です。

    VRは幼児が使用することで実際に斜視のリスクがある。
    ということが確認されているようで、それは大人でもリスクがないということではないようです。
    仕様に関しては、12歳以上とされていたり、15歳以上とされていたりとまちまちなようですが、
    成長期にVRなどで強制的に焦点を合わせるという技術を使うことによりそうしたリスクが出てしまうのは確かなようです。

    幼児に関しての注意の多くが長時間の仕様をやめましょう。
    というふんわりとしたもののようですが、これはできるだけ使用しないほうが良さそうな気がします。



    とまあ上ではかなりネガティブなことを書いてしまったのですが、
    私自身今後のVR技術の進化にはかなりワクワクしておりますので、
    こういった諸問題に対する解決策が早急に出て来てくれると嬉しいですよね!

    日本は今世界的に技術で遅れをとりつつあるようですが、
    新技術面で一発逆転をしてくれる企業が国内から出て来てくれることも期待しています!

     

    外付けグラボケース


    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです


    私の中で、いや、私と同年代、それ以上の方の中ではおそらく

    「ハイスペックな作業といえばデスクトップ!」

    というのはいわば常識というか、当然のこととなっているかと思います。
    今回、そんな常識がまたもや覆されてしまうかもしれないほどの新商品がNVIDIAから登場しました。

    それが外付けグラフィックボードケース。
    実はこの商品、今までにもゲーミングPC用品メーカーなどからぼちぼち販売はされていたものだったのですが、
    どうしてもドライバの問題などで動作するPCしないPCがあったりなどの問題が出ておりました。



    しかし!
     
    今回この拡張ケースを販売するのはグラフィックボードメーカーであるNVIDIA。
    ドライバは完全サポートを掲げております。

    TITAN XやQUADROなどのグラフィックボードがノートパソコンに装備できる。
    考えただけで夢のようなガジェットではありませんか!

    今までは当然のようにデスクトップに搭載せざるを得なかった商品がノートパソコンで使える。
    これによるノートパソコンのメリットは
    ・動画編集
    ・3Dゲーム
    ・高速演算
    など非常に多岐に及びます。

    もはやノートパソコンは、
    家の外では日常使い。家の中ではハイスペックマシーンに。
    というところまで来ています。

    動画編集や高画質ゲームをノートパソコンでやるのが当然。
    という時代もすぐそこなのかもしれませんね。

    参考サイト

    fashion_watch



    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです


    皆さん腕時計してますか?
    ちなみに私は数週間前までは
    「スマートフォンあれば腕時計なんていらないでしょ!」
    派の人間でした。

    また、過去の記事では、アンドロイド搭載のスマートウォッチの紹介をしていましたが、
    これも結局腕時計単品というよりも、腕時計にさらに付加価値があって初めてだ。
    と思っていたのがあってのことでした。

    つまり、以前の私は
    「腕時計は時計以外の付加価値があって初めて価値がある。時計だけならスマートフォンで十分。」
    という状況にあったということができますね。

    ただ、数週間前、一本の腕時計に出会いました。

    場所は新宿ヨドバシカメラ、実はスマートウォッチを見に行ったのが始まりだったのですが、
    店頭に非常に多くの腕時計が展示されておりまして。
    中には数十万なんてのも平気であるわけです。

    そんな中で私の目に留まったのが以外にも2000円ほどのこの時計







    51lqKNzstXL


    チープカシオといわれている種類の時計の中の一本のようです。
    2000円で国産腕時計が買えるという驚きと、
    この機能にステータスを全振りしてしまったようなデザイン。
    まさに時計であるがゆえに時計以外のすべてをそぎ落とした。
    といえるような一本でした。

    その日は完全にスマートウォッチを買おうと思っていた私だったのですが、
    なんとこの時計にどうしてかひどく魅力を感じ、
    その日はこの一本だけを買いお店を後にしてしまいました。

    ちなみにチープカシオという言葉を知ったのはそのあとです。
    こんなに安く国産腕時計が買えるということに驚き、ネットで調べたところ一部のファンから根強い人気を誇っている時計のようですね。

    ほかにも非常に多くの種類があるようで、




    どのデザインも無駄が一切ない。

    そこが何か理系的な、モノづくりをする物としての琴線に触れたのでしょうか。
    今では部屋に4本ほどこの千円前後で帰る時計が並んでおります。

    その日の気分だったり、デジタルがいいとき、アナログがいいときという風に使い分けて楽しむことができる、
    しかも4本買っても6千円くらい。

    完全に私の中の
    腕時計=ステータスのためにつける
    という概念が打ち破られました。

    また、カシオ以外にもこうした安価な腕時計は多数発売されているようで、
    チープシチズンだとこんな感じで商品が出てきます。




    どれもなかなかいい感じではありますが、2000円を超えているものはありません。


    まさにその日の気分、スマートフォンの壁紙や着ていくTシャツを選ぶ感覚で楽しむことのできる素晴らしい腕時計だと思います。

    ある程度コレクションがたまったらまた写真などで記事にしたいなとも考えておりますので、
    その時はよろしくお願いします!



    このページのトップヘ