理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    今回の記事は前回に引き続き自作アケコン弐号機を制作していきたいと思います。
    前回の記事が主にハード面での制作だったのに対して今回の記事では主にソフト面の制作を取り扱っていきます。

    まずは
    前回の記事でも紹介したREVIVE USBの組立を行います。



    IMG_2959

    今回私はAmazonでこの商品を購入したのですが、商品の中には丁寧にインターネットのページの印刷物が入れてあり、その通りに組んでいけばある程度電子工作の知識がある方であればものの十数分で組み立てられるでしょう。

    IMG_2957

    抵抗も一種類しか使っていないので間違えようも無い上に丁寧に写真まで付いているので初心者でも安心して組み立てることができます。



    んで


    組みあがったら今度は配置したボタンとの配線を行います。
    IMG_2958
     ぐちゃあ

    相変わらず綺麗な配線が苦手な私ですが、テスターでのチェックではすべてのボタンが問題なく動作していたので良しとしましょう。


    ちなみにREVIVE USBはPSPなどで使用するmini usb端子でPCと接続しますのである程度長さのあるUSB-mini usbケーブルの購入をお勧めします。



    ボタンの動作テストが終わったところでPCと接続。


    PC側ですることはまずREVIVE USBを開発している会社のHPに接続。
    このページの上部にある
    REVIVE USB Configuration Toolのボタンを押し設定ツールをダウンロードします。

    ツールを起動すると
    ReviveUSB-ConfigrationTool

    こんな画面が開くと思います。注意することとしてはソフトを起動する前にRVIVE USBをパソコンに接続しておかないと認識されないということですかね。

    各ボタンを押してみると対応したPinの番号の横にONマークが出ると思います。

    左側の設定窓を利用して各ボタンにどんな機能をさせるかを設定していきましょう。

    ちなみに一度設定すれば本体のメモリーに設定が保存されるので次回以降はPCに挿すだけで指定した動作を行ってくれるようになります。
    素晴らしい!



    んで



    完成!!

    DSC_0023
     
    今回制作したアケコンの完成図になります。

    DSC_0024
     
    前回制作した初号機と比べて格段に技術が向上しているのを自分でも感じました(笑) なによりボタンの配置の際にリーマーではなくドリルでの作業ができたので作業面の仕上がりが格段に美しくなったこと、ボタンとボタンの感覚を短くすることができたということでしょうか。

    ただひとつREVIV USBを使う上で、覚悟しなければならないといいますか、自分が困ったことを一つ挙げると

    ReviveUSB-ConfigrationTool
    REVIVE USBの基盤にピンが12までしか無いということです。

    え?ボタンを十二個もつけることはそうそう無いんじゃ無いの?
    と思うかもしれません。現に私もそう思いボタンを八個+2端子スイッチで10個設置したのです。

    んで作ってる途中に違和感
    あれ?これジョイスティックの処理はどうなるんだろう?

    結果ジョイスティックの各方向に対し一つ、つまり4方向なので四つのピンを使ってしまいました。
    結果一番端っこの黒いボタンを一つ。スイッチの端子を一つ使わなくなってしまいました。

    この商品の上位互換でピンが20個くらいあるやつが発売されたら即買いします。


    長い文章でしたがお付き合いありがとうございます。

    また機会があったら制作してみようと思います。




    趣味・ホビー ブログランキングへ 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    今回の記事は自作アーケードコントローラーの二作目です。
    なぜ二作目を制作しようと思ったかというとネットでアケコンの記事を漁っているときに凄まじいものを発見してしまったからです。

    それは

    「REVIVE USB」


    AD00




    前回のアケコン制作の記事の⑶ の中でアケコンの外側を制作した際に、もともとコントローラーを制作している会社の製品の基盤を使用するいわゆる乗っ取りという手法を用いて制作しましたが、このREVIVE USBでは自分でPC用のアーケードコントローラーを一から作成できてしまうのです!

    詳しい説明は⑵で中身制作編を書こうと思うのでそちらを参考にしてください。

    この商品を見つけた瞬間にいてもたってもいられなくなってしまい即弐号機の制作を決意しました。



    今回の記事は外側の制作についてです。

    まず二号機の構成ですが、パーツは前回と同じく千石電商にてセイミツのレバー



    と三和のボタンを購入。



    次に東急ハンズにて12mmのアルミ板とアルミ板に合うサイズにカットしてもらった木材を購入。
    アルミ板はアマゾンなどでも売っているので簡単に購入できます。また土台部分に関しても金属の箱のようなものを加工すれば制作する必要は無いと思います。


    前回はシューティングやレトロゲームに特化させて制作したので6ボタンでしたが、今回はPCのゲームをメインに遊ぶということで8ボタンにしようと思います。

    今回使用したボタンは上が青、下が赤、一番はじの2ボタンは黒とオシャレ感を出してみました。
    レバーボールは水色です。


    さてさて、前回の制作⑴でも説明した通り、このアケコン制作で一番の重労働はアルミ板へのはめ込み穴をあける作業です。
    前回はリーマーをひたすらゴリゴリゴリゴリと回して数時間あるいは数十時間かけて完成させましたが、今回私の友人がたまたま使っていなかったボール盤を引っ張り出してくれることとなり、アマゾンでステップドリル


    を購入したのでものの1時間ほどで穴あけ作業が完了してしまいました。
    IMG_2944

    元が30系のドリルなのでボール盤で貫通させれば済んでしまうのは本当に楽ですね。
    IMG_2948

    実際にボタンをはめたところがこちらになります。IMG_2949
    裏から見るとこんな感じ。

    したの赤ボタンが一つ無いのはボタンを止めるプラの部分が初期不良?なのかわかありませんがゆるゆるになっていたので後日千石で買い直しました。

    そしてこの基盤を載せる土台部分は今回も木材を使用しています。
    木材の土台作成に関しては自分でアケコンを作ってみたい⑵を参考にしてみてください。


    というわけで今回の⑴はざっくりとですが基盤以外の外側の制作について書かせていただきました。
    次回は内側の回路およびREVIVE USBについて書いていこうと思います。






    趣味・ホビー ブログランキングへ
     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    kira_011

    今日の記事は来月末発売予定のなんとファミコンの新作ゲーム!
    「キラキラスターナイトDX」

    について書いていこうと思います。 

    まず注目すべきところは、今作はファミコン実機・互換機対応ゲームソフトだということです。
    ゲームの内容としてはゲームソフトというよりもサウンドトラックに近いようではありますが、一応女の子がステージを駆け巡り星を集めるミニゲームが遊べるようです。

    各ステージごとに当時の有名ゲームの音楽を手掛けた方々が曲を作曲しているようでファンの方ならそれだけで買う価値があること間違いなしの一品のようです。

    作曲をしている方は具体的には
    スターソルジャーや迷宮組曲、カトちゃんケンちゃんなどの曲を手掛けた国本剛章さん。
    ゼビウス、ディグダグ、ドラゴンバスターなどの曲を手掛けた慶野由利子さん。
    イース、アクトレイザー、セブンスドラゴンなどの曲を手掛けた古代祐三さん。
    サマーカーニバル92烈火、マックスウォーリアーなどの曲を手掛けた塩田信之さん。
    8BIT MUSIC POWERで作曲を手掛けたTappyさん。
    同じく8BIT MUSIC POWERで曲を手掛けたHallyさん。
    FINAL FANTASY X CHIPSなどで曲を手掛けたBunさん。
    ロックマン、ロックマン2などで曲を手掛けた松前真奈美さん。
    ファミリーミュージック、ファミリーレーシングなどで曲を手掛けた
    除村武志さん。
    SquareSoundsTokyo 2014などで曲を手掛けたRobokabutoさん。
    メタルブラック、ボーダーダウンなどで曲を手掛けた渡部恭久さんが参加しているようです。
    過去作品を見ても分かる通り作曲家としてどの方も神様レベルの実力者。
    あのころ聞いたあの曲の雰囲気をもう一度味わうことができるかもしれません。

    さらにこの作品のすごいところはドット絵を担当している方々も実力者ぞろいということです。
    パックマンに始まりギャラガ、ゼビウス、マッピー、ディグダグ、ドラゴンバスターなど名作のドットを多く手がけてきた小野浩さん。
    ストリートファイターゼロ3などの作品を手掛けたEinさん。
    またドット絵を利用したTシャツを販売しているBAN-8KUさんが手掛けているようです。

    きになるそのクオリティはyoutubeにプレイ動画が上がっていたので参考にしてみてください。

     
    実機でも起動可能と書いてありますが、まさかファミコンでここまで綺麗にドット絵が動くとはオドロキです。

    数十年経ってもチップチューンとして親しまれ続けている8bitミュージック。

    ご家庭のタンスにファミコンが眠っている方は是非掘り起こして起動してみてはいかがでしょうか。 


     

    このページのトップヘ