理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです


    今回の記事は自作アケコンの最終編です。
    アケコンの基盤を作る。と聞くと電子回路の高度な知識が必要と感じる方も多いかもしれませんが、今回はそんな問題を大幅にカットできる乗っ取りという手法を用いて制作していきます。

    乗っ取りとは市販の商品の基盤を使用して自分で一からつくらずに済むようにすることです。
    今回乗っ取りのベースとして使うのはハードオフで300円で購入したHORIのPS2互換コントローラー
    11
    (画像は参考画像です)
     
    こいつを+ドライバで開けていきます。中の基盤はなるべくケーブルなどに傷をつけないように配慮しながら開けてください。
    ちなみになぜ出荷本数も多く安価で購入できる純正Dual Shock2で乗っ取りを行わないのかというところですが。
    実は最初のプランでは純正コントローラーを乗っ取る計画でいました。しかし純正のコントローラーの基盤は平面にプリントされたようなフレキシブル基盤というのを採用していまして、こいつの扱いがとても難しくやむなくあきらめました。
    こちらの参考記事 に詳しい分解の様子が載せられておりますので純正でお考えの方は是非一読しておくことをお勧めします。

    話は戻ってHORIの分解後の 画像がこちらです。
    DSC_0001
     もうすでにジャンパーワイヤを伸ばしてしまっている状態なのですが、各ボタンに対応した銅が剥き出しの部分が基盤にありますのでそこにジャンパーワイヤを半田付けしてください。
    ちなみにGNDは一箇所から取れば大丈夫です。今回私はR1,2の部分がGNDむき出しとなっていたのでそこから拾いました。
    DSC_0002
     次に引っ張ってきたジャンパーワイヤをブレッドボードに落とし、そこから各ボタンに配線を伸ばしていきます。

    ちなみにブレッドボードでなくユニバーサル基板などに半田付けでも良いのですが、私はPS2コン以外にも付け替えをするかも・・・という理由で取り替えの簡単なブレッドボードにしています。

    使用したレバーはセイミツの各端子ごとにGNDと入力部が出ているものなので上下左右間違えずに配置することが大切です。
    DSC_0003


    んで


    配置した結果
    IMG_2817
     こんなごちゃごちゃとした箱内になりました。
    DSC_0003 (1)
    基盤が浮いているままでは怖いのでセロハンテープとグルーガンで箱内に止めてしまいます。

    これでひとまずは完成。
    次回はおまけ編で動作チェックを行いたいと思います。 
    DSC_0004
     
    初めての自作アケコンだったのでイマイチな部分も多く解説も分かりづらいところが多かったかもしれません。
    きっとまた制作すると思いますのでその時は宜しくお願いします。

    コメントなどいただければ質問にもお答えします。

    長い文章となってしまいましたが、読んでいただきありがとうございます。 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです



    実は最近趣味で蟻の飼育を始めました。
    最初の一匹はありんこすぽっとさんで飼育セット+オオクロアリを購入。
    届いた時にはすでに女王蟻が四個ほどの卵を産んでいた状態だったので、あまり刺激しないように移動させて女王がいない部屋を餌場にしようともう片方に付属のサプリメントとハチミツを混ぜたものを置いて様子を見てみることにしました。
    女王がいる部屋は一瞬だけ開けて中に水をしみこませたスポンジを配置いておきました。

    それから一ヶ月。そろそろ生活環境も安定してきたきがするのでブログに上げようかと思い立ちました。
    まず大きな変化は女王蟻が湿度管理のために入れておいたスポンジをかじって部屋の仕切りにしていたこと。

    DSC_0033
    この写真の
    DSC_0033 2
    この部分を見てみると餌場と部屋の間にゴミやスポンジを詰めて蓋にしているのがわかります。
    どうやらもう片方を餌場としてではなく未開の地=怖いものと認識してしまい隔離してしまったようです。
    なので餌は週に一回スポンジを交換する際にスポンジに少量のサプリメントをしみこませることにしました。
     DSC_0035
    結果働きアリがいない今の部屋の状況はこんな感じです。 
    隅っこに幼虫と卵を集中させて積極的にお世話している様子が伺えます。
     DSC_0034
    現在の卵の個数はおよそ十個から十二個ほどで、幼虫が二匹いる状態です。
    現在まででもかなり試行錯誤をしながらお世話をしてきたので働きアリが生まれる日がかなり待ち遠しいです。
     DSC_0037
    今年のうちに大型の巣に移せるくらいの大家族に成長してくれたらいいなぁと個人的には思っておりますが、そこは俺の腕と女王のコンディション次第でしょうか。
     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです




    今回の記事ではボタンの配置についてと土台の組み立てを行っていきたいと思います。
    実は全体作業時間およそ15時間ほどの中でリーマーでの削り作業が10時間を占めているので実質ここまでくれば作業の三分の二は終わったと言っても過言ではないでしょう。

    それだけきつく長い作業だった・・・
    前回の記事でも書いたのですが、怪我などにはくれぐれも注意して削りを行ってください。

    んで

    削り終わったら削った部分のバリを金属やすりとか、なかったら普通のやすりでもいけると思いますが落としていきます。

    穴の周りがツルッツルになったらいよいよボタンのはめ込み

    IMG_2803

     一応こんな完成予想図を描いました。結構大雑把だけど許してね。


    んで実際にはめ込んだものがこちら
    IMG_2815
     下の土台制作後の写真しか撮ってなかったので許してください。
    わりとシンプルにまとまっていて個人的には大好きなデザインとなっています。俺が金属フェチなだけか・・・

    ボタンが配置できたらすぐに回路制作、と行きたいところなのですが、今回は土台の制作の記事を書かせてください。

    土台の制作は割と薄めの木材を使用してしまったこと、あとは外側に金具などが出ないシンプルな見た目にしたかったことがありビスケットを利用しました。別にデザインにこだわらないよという方であれば釘やネジで止めてしまっていいかと思います。

    ビスケットって何?って方も記事を読んでいただけたらわかる内容で書こうと思います。
    今回使用した器具はこちら
     IMG_2808
    一家に一台、マキタのジョイントカッターくんです。
     

    こいつで 木材にビスケットを埋め込む穴を開けます。
    IMG_2811
     この隙間にビスケットと呼ばれるウッドチップ?みたいな素材を埋め込み、ボンドで止めることでボンドの水分を吸って内部でビスケットが膨張し、組み木の要領で木材の固定ができるわけです。
    IMG_2809
    このビスケットを
    IMG_2812
    こうやって埋め込む


    これはかなり頑丈に接着できますので強度が心配だという方にも安心してご利用いただけますね。
    IMG_2865

    さすがマキタ。期待を裏切らない。接合部もほぼ目立たず接着できているので素人が見たらなんで接合できているか不思議に思うほどだと思います。
    IMG_2866

    これにて土台完成です。あとは土台の隅にケーブルを逃す穴をドリルで開けてあげれば
    IMG_2864



    あとは回路を組むだけとなります。
     
    回路は次回⑶でお届けしたいと思います。
    長い文章を読んでいただきありがとうございます。 

    このページのトップヘ