hiari

こんにちは
(*´・ω`)y━・~~
管理人の六角ネジです

最近ニュース番組やネットニュースなどで非常に大きな話題とされているのが、

「日本へのヒアリの上陸」

です。
私自身、過去にブログで日本のクロオオアリを飼育する記事を書いていたのですが、
その時に国内外含めアリのことをかなり徹底的に調べていました。
そして、私自身まさかヒアリが日本に上陸するとは思ってもおりませんでした。


そもそもヒアリは南米が原産の非常に毒性が強いアリです。
そもそもヒアリは火蟻と書かれることもあるように、刺されるとまるで火傷を負ってしまったかのように痛むことからつけられています。

間違わないように注意してください。

噛むのではなく、刺すのです。

というのも、アリというのは実は一番蜂に近い生き物です。
多くの種が進化の過程で毒針を捨てて来た中で、ヒアリは未だに鉢であった頃の名残である毒針をお尻に持っているのです。

なので、ヒアリっぽいありがいて、噛んでいたくないから安心だ、と思い迂闊に触るのは危険です。

その毒性はアナフィラキシーショックを引き起こし、最悪死にいたることもあります。
国内でアナフィラキシーを起こす虫として有名なのがオオスズメバチですが、それと同じくらい危険であるという認識を持った方がいいでしょう。

また、樹上性の蜂とは違い、アリは地面に巣を作ります。
蜂の巣は一見するとある程度の種類の断定ができたり、視覚的にも非常に目立つため、
・迂闊な事故が起きにくいこと
・発見して駆除するのが簡単なこと
がありますが、ヒアリにはこれらの一般策はなかなか通用しません。

すでにアメリカや中国、オーストラリアなどの国に移住分布を果たしており、今回はついに日本にも上陸をしたという事態です。


またアリの危険性に非常に高い繁殖能力があげられます。
ヒアリはコロニー内に複数の女王ありが生活しており、その複数個体が卵を爆産するために、急激な勢いで増えます。
数年で100平方米のコロニーを広げるとも言われています。
また食性も昆虫や動物の死骸から、樹液など、非常に幅広いです。

そんなヒアリですが、今後明確な駆除方法が確立されなければ、
今後日本中に広がって行く可能性も示唆されています。

上記した繁殖速度や、食性の広さなどから、
日本でも生存する可能性は十分にあると考えていいでしょう。



さて、そんなヒアリ
もし、刺されてしまったらどう対処するのがいいのでしょうか。
ひあり

まず一番に初期症状が現れます。
刺されてから数分〜数十分後に強いめまいや吐き気などに襲われます。
庭作業などをしていて、一部に強い痛みを覚え、その周辺に小型のありがいた時
これらの症状が出た場合はヒアリに刺されたとみて間違い無いでしょう。
また我々は普段からこのヒアリに対しての免疫がありませんので、場合によっては急激に症状が悪化する場合があります。

こうなってしまった場合は、自分での対処を考えるより先に、医療機関に行くのがいいでしょう。

刺された!と思ったら数分間安静にし、非常事態のようであったらすぐにでも病院へ。

2度目以降はアナフィラキシーショックの可能性も出て来ますので、
その周辺のアリの駆除も必要になって来ます。

これも個人で行おうとは考えず、環境省に連絡をして駆除をしてもらうのがいいでしょう。
駆除作業中に再び刺された!なんてことが起きたら命に関わります。

環境省のホームページから、連絡をすることができますので、専門家に任せましょう。


普段聞き慣れない虫だし、分布もまだ狭いんでしょ?
どうせ自分は大丈夫だ。
と思い込んでしまう前に、ヒアリに関する最低限の知識は持って起きましょう。