ファントム



こんにちは
(*´・ω`)y━・~~
管理人の六角ネジです


現在世界的にスポーツであったり、空撮であったりと話題の絶えないドローン。
日本では法律の関係もあり、だれでも自由に飛ばしまくる!というわけにはいかないですが、

調べてみたらどうやら今後ドローンを操縦できるということがステータスになりうるのではないか?
と思う発見などがありましたので、今後のドローンの進展や法律面での問題などを考慮しつつ、記事にしてみたいと思います。


_____________________________________________________

・今後ドローンはどう浸透していくか

まずは今後のドローンの国内における進展を考えていきたいと思います。
現在ではまだそこまで多くはないですが、

実はドローンのパイロットを育成するスクールが登場したり、
ドローンのパイロットを業務として派遣する会社なんかも登場しています!

つまり、日常レベルで見るとあまりかかわりがなさそうなドローンも、
テレビや動画などを作成する。建物の耐久性のチェックを行う。
高所の安全確認作業などなど、

人間がなかなか手を付けられない、つけるにしても従来は莫大なコストがかかったという業務を代行して行うことができるようになったといえます。


現在はドローンの購入に関しては特別な法的手続きなどは必要とされませんので、
いろいろと厳しくなる前に買う時期であるかというのは思います。
かくいう私も、5万円ほどでドローンを買ってしまおうか検討中。
買ったらもちろん記事にします。




・現在の法的問題は?

現在ドローンの飛行に関してルールや法律などを最もわかりやすく説明しているのは、
国土交通省のこのページです。

国交省
    *国土交通省ページより引用

・空港などの上空は飛行禁止
・人口密集地の上空は飛行禁止
・高度150m以上は飛行禁止


というのが三本柱であるようです。

また、さらに細かくルール分けされている部分が

・日の出から日没までの日中に飛行させること
・目視範囲内で無人航空機とその周辺を常に監視して飛行させること
・第三者および物件(建物や自動車)との間に30m以上の距離を保つこと
・祭礼、縁日など多人数が集まる場所では飛行させないこと
・爆発物など危険物を輸送しないこと
・無人航空機から物を投下しないこと


とのことのようです。
少し前にお祭りの会場でドローンを飛行させて問題になっていたことがありましたが、そうした背景を受けてのルールなのでしょうか。



また具体的にどこなら飛行させていいのか、
というマップに関しては、ドローンメーカーのDJIの公式ページにマップがあります。

DJIの飛行禁止・可能区域マップ



現状こうした様々な制約があるドローンですが、
おそらく将来的にはイベントでの空撮なども主流となることが想定されるため、
プロのパイロットや国の認可を取ったパイロットが登場してくることが予想されます。
私はかなり熱い分野なのではないだろうかと思っております。