MACBOOKPRO



全国のガジェット好きのみなさん
こんにちは
(*´・ω`)y━・~~
管理人の六角ネジです



今日の記事は私がブログの中でも有数に記事にしている
「macについて」
ということで、気軽な雑談系の記事にしたいと思います。

思っていることなどを書き出すいい機会かなと思いましたので、
ご意見などのコメントもお待ちしております!

______________________________________________________

1:結局macを使うメリットって何?windowsとどう違うん?

PCにwindowsとmacという二大OSが存在する以上これは避けては通れない疑問ですよね。
(リナックスも好きだけどシェアは少ない)
一般にオフィスや個人用途などで最も多く利用されているOSはwindowsです。
それはこちらの
003l

マイナビニュースから引用した画像
を見ていただいてもわかると思いますが、現在のシェアはほとんどwindows系のOSです。

このWindowsが大規模シェアを持っている状況がどういう作用を生むかというと

・ソフトウェアの大半はwindows向けに開発されている
・ネットにある情報(トラブルシューティングなど)はwindowsの方が豊富
・様々なメーカーがwindowsのPCを作っているので選択肢が高い

など、日常用途で使っていく上で肝となる部分に関してwindowsの方が解決しやすいことは一目瞭然です。
macはOSをアップル独自のマシンのみに向けてリリースしており、
自作マシンなどにmacOSを組み込むことは規約違反となっているのでアップル販売以外のマシンでmacを使うことはできないことも挙げられます。

ただそんな状況の中で、なぜ私を含め多くの信者を集めているのか。
という部分に注目しますと、
やはり私が思うにmacにはデフォルトで幅広いクリエイター向けソフトウェアが搭載されており、そのマシンを買うだけで趣味程度ならかなり広範囲なことができる。
ということが強いのかなとも思います。
また、アップル独自のデザイン性というのもかなり強い要因かとは思います。

現に私はmacに変えて以来windowsマシンを触った時に
「あ〜、macならあの機能ついてるのにな〜」と思うことは多々あります。

一例を挙げると仮想デスクトップ。
macでは画面上に複数のデスクトップを作成でき、それぞれで別の作業を進めることができます。
この機能はwindows10で搭載されましたので、mac独自のとは言えないのかもしれませんが、それでも未だmacほど快適に使えるかというとそうでもないところが強いです。

しかしその反対で、
「お!このソフトめっちゃいい!けどwindowsにしかリリースされてない!」
ということも非常に多いです。

なので、PCを選ぶ際には専門的な知識が必要となるのかもしれませんが、
「目的に応じて」選ぶのが最良だと思います。

多分ですが、全くPCを触ったことない人がmacを触ると
「なんでこのソフト動かないの?exeって書いてあるじゃん。」
など、イライラすることが多いのかもしれません。



______________________________________________________

2:近年のmacのクリエイティブじゃない感じ

実はこれが本題だったりします。
私は仕事でもプライベートでもmacのPCを使っているのですが、
私が使っているのは二台とも2012年に買ったものです。

そろそろ新しくしてもいいんじゃないの?
なんて思われる方も多いとは思いますが、私はここ最近のmacの
「クリエイティブじゃなさ」
という部分に非常に疑問が残ってしまっているので、買い換えられずにいるのです。

原因としては
・時代を先取りしすぎたUSB-Cポート
・OSやシステムレベルでのバグの多さ
・マグセーフはどこいった

の3点が感じられます。
私の使っているmacbook proには
USBポート3つ
SDカードスロット
マグセーフ
イヤフォンジャック
サンダーボルト2つ
が外部端子として存在しています。

現在のmacbook proは
USB-Cポート2または4つ
イヤフォンジャック
のみ、、、
なんども言いますが、それのみです。
macos-sierra-macbook-pro-thunderbolt3-hero

今までアップルは独自のケーブルや端子などでなんども叩かれたことはありました。
CDドライブがなくなった時も非常に大騒ぎされましたが、
今回ほど利便性を欠いたことが今まであったでしょうか。

さすがに動画編集ソフトが内蔵されている状態でのSDカードスロットの廃止、
現行ほとんどの機器がUSB接続なのに対してその端子がない。
というのはあまりにも未来を行き過ぎているのではないでしょうか。

サンダーボルトの時もそうでしたが、しかしサンダーボルトを搭載した時はそれ以外の端子が以前健在でしたので、
USBは使える。SDカードも使える。ならおまけでサンダーボルトがついててラッキー!
の感覚で入られましたが、今はそうはいきません。

またあれだけ安全性を提唱していたマグセーフがまた差し込み型の充電に戻ったというのも本当に納得がいきません。

高速転送が可能、高速充電が可能、というのはもちろんわかるのですが、
通常端子くらい残しておいてくれてもいいのではないだろうか。
と感じてしまうのです。

それは私のみならず数多くのユーザーが感じていることのようで、



こちらの動画では「変換アダプター地獄」というのが直球で書かれています。

海外の方の動画でもこの変換アダプター問題に幅広く触れられており、
今までのmacbook proを再現しようとしたらカニみたいな見た目になった。
というのは面白いです。


時代を先取りするというのはmacやアップルの理念なのかもしれませんが、
それでもクリエイティブなPCだとは到底言いがたくなってしまったmacに買い換えを検討せざるを得ないのが現状です。