python-7be70baaac

こんにちは
(*´・ω`)y━・~~
管理人の六角ネジです


今日の記事は前回に引き続きPythonの記事です。
今回からは本格的にPythonのインストールから起動まで、
最後におまけという形でやって行きたいと思います。




__________________________________

0:基礎知識

現在パイソンには大きく分けて二つのバージョンが存在しています。
それがpython2,python3と呼ばれる二つで、私がこの記事を執筆している現在(2017年10月段階)
python3のバージョンはPython3.6.3となっています。

気をつけなければいけないこととして、Python3とPython2には互換性がありませんので、
2で書いたから3も動くだろうというのはできません。

今回は最新バージョンであるPython3をインストールして行きたいと思います。

またpythonはwindows,mac,linuxと様々なプラットフォームでの開発が可能ですが、
今回の記事では最もシンプルなwindowsのインストール方法を記載させていただきます。


__________________________________

1:python3をインストールしよう

Python3配布サイトは
https://www.python.org/downloads/
こちらです。

サイトを開くとこんな画面が表示されると思います。
bl0001
押すべきボタンは[Download python 3.6.3]

そのままダウンロードしてインストール画面へ
インストーラー

ここで絶対に忘れてはいけないことが一つ。
わからない人はおまじないだと思ってもらってよいのですが、
一番下のチェックボックス内の[Add Python to PATH]
これには必ずチェックを入れましょう。
インストール時に自動でパスにパイソンを追加してくれます。
これをしないとコマンドプロンプトからパイソンを呼び出すために手動でパスに加えないといけなくなってしまいます。

あとは画面の指示に従って進めればOK!
最後にきちんとインストールできたかの確認方法です。

まずはウィンドウズの検索窓で「cmd」と入力
スクリーンショット (2)
続いて出てきたコマンドプロンプトに
[python]と入力してみましょう。すべて小文字で大丈夫です。
cmd

このようにパイソンが起動されたらインストールは成功です。
コマンドプロンプト内でパイソンを終了したいときは
「Ctrl+Z」を押した後にエンターで終了できます。



__________________________________

2:開発のためのエディタを用意しよう

パイソン自体の準備ができたら次にすべきことは
プログラムを書くためのソフトであるエディタの準備です。

この記事では私が普段使用している
「Atom」というエディタを紹介したいと思います。

公式サイトへのリンク
をクリックするとこんな画面が表示されるかと思います。
atomins
画面内の[Download Windows 64bit installer]をクリックして
Atomのインストーラーをダウンロードします。
結構重いのである程度時間はかかります。

ダウンロードが完了したら特に特別なおまじないは必要なく、
インストーラーの手順に沿って進めていけば大丈夫です。
atom1

こんな感じの画面が出たらAtomのインストールは完了です。






ということで、今回の生地はPythonおよびエディタのインストールでした。
用語がわからない、こんな不具合なんだけど、
という方がいたら気軽にコメントください。

次回の記事は「Pythonで初めてのプログラミング」にしたいと思います。
よろしくお願いいたします。