carlineup_landcruiser_top_2_17_pc



 

こんにちは
(*´・ω`)y━・~~
管理人の六角ネジです


最近色々と話題のSUV、新型が発表されたり、乗りたい車ランキングに入賞したりと、アウトドア志向が高まっているのでしょうか?

ちなみに田舎出身の私は実家ではハイラックスがあるので、帰るとよく乗っています。
31e69e9ae79baee381aee58699e79c9f2e6a7067

かなり大型の車なので、立ち回りを覚えるまではヒヤヒヤしていましたが、
乗り慣れてしまうと山道でもスイスイと走ってくれるし、

トランクにたくさん荷物を積むことができるしと大助かりです。

さて、そんなSUVですが、多くの車が採用している2輪駆動では飽き足らず、
多くの車が四輪駆動を取り入れております。


私も実際調べてみるまでどう違うのかが曖昧だったのですが、
調べた結果なるほど!という結論に行き着きましたので、ここに記事としてまとめておこうと思います。



根本的な構造

二輪駆動・四輪駆動という名前の通り、

二輪駆動は前輪、または後輪の2輪が回転する車種のことです。
一方四輪駆動は車の四輪全てが駆動する車種のことです。

一つのエンジンで2つのタイヤを回すか、4つのタイヤを回すかの違いだと思っていただけると簡単かもしれません。



4輪を回す結果は?

一つ絵のエンジンで4つのタイヤを回すため、タイヤの一回転ごとのエネルギーは多くなります。
通常二つのタイヤを回転させればよかったものが、4つのタイヤになるのですから、
2倍とまではいきませんが、かなりエネルギーは大きくなります。

その結果として出てくるのが燃費の悪化です。

とはいえ、今は省エネルギー車の設計が主流ですので、4輪駆動車とはいえ、一昔前の二輪駆動者よりも燃費がよかったりすることはざらにあるようです。



四輪駆動でのメリットも多くある。

通常二つのタイヤしか回していない場合、回転エネルギーを付与されていないタイヤが二つあることになります。
そうなった場合、例えば後輪駆動の場合は砂などの道だとタイヤが空転する比率が高くなります。
二つのタイヤにエンジンのエネルギーがかかるので、グリップ力よりも回転力が上回ってしまうのです。

一方で四輪駆動では、エンジン一つで4つのタイヤにエネルギーをかけるので、グリップ力が大きくなり、空転の比率が下がります。
結果、悪路や濡れた道などで効率よく車体を進ませることができるのです。

こうなった場合の燃費はもはや四輪駆動の方が良いでしょう。


また細かな問題ですが、
サスペンションにかかる重量が重くなるということがあります。
二輪駆動の場合は二つのタイヤには前進するための機構を組み込む必要がないので比較的軽いパーツで車体を構成することができますが、

四輪駆動の場合は全体に剛性を持たせるために重量が重くなってしまうのです。

結果としてサスの効きがあまりよくなくなり、乗っていて揺れやすい傾向にあるともいえます。



という二輪駆動と四輪駆動のメリットデメリットのお話。

今後車を買う際に少し考えてみると良いかもしれませんね!