理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    カテゴリ: 日常

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    今日の記事はついさっき私が見つけて感動したサイトについて簡易的な使い方を交えつつ紹介していきたいと思います。



    紹介するサイトの名前は「WIX」です。


    どんなサイトなのかを簡単にまとめますと
    今まで面倒だったホームページ作成のプログラミングやデザインなどを全てユーザーがマウスとキーボードで簡単に、直感的に行えてしまい、さらには簡単にWeb shopのオープンまでできるサービスを提供しているサイトです。

    これからホームページを作ろうと考えている一般の方々やネット上にお店を持とうという方にはとても嬉しいサービスですね。

    ここからは私が実際に登録の方法や、ちょっといじってみてわかった操作方法などを紹介していきたいと思います。
    今回の私の目標としましては、撮った写真を掲載するホームページを作る。ということでいこうと思います。


     
    まずはWIXのページに飛んでみましょう 
    57
    今流行りのシンプルで白を基調としている見やすい
    ページですね


    早速アカウントを登録していきたいと思います。


    アカウントの登録はいたってシンプル


    メールアドレスとパスワードを入力するだけとなっています。
     42
    カーソルを新規登録に合わせて入力フォームに入力。



    すると今度は自分がどんなページを作成したいのか、というコンテンツのテンプレート選択画面になります。今回はお試しということで撮影した写真を掲載するサイトを作ってみましょう。



    テンプレートは写真から自然・風景を選択。
    24



    次の画面は実際にホームページの元となるいわばすでに完成されているページを選択する画面に移ります。
    30


    この選択できるテンプレートはどうやらプロのデザイナーさんが実際に作成したサイトのようで、細部まで細かくかつ見やすいサイト構成となっています。 こんな素敵なサイトを自分で作れる技術が欲しい。。。



    今回私は風景画を掲載したいと考えているので画面真ん中あたりにあるアウトドアフォトグラフィにマウスカーソルを移動、編集をクリックします。


    すると数秒間おしゃれな読み込みウィンドウが開きます。
     02
    こんなの




    んで
     


    実際にページが開いてみるとすごい!本当にプロが作成したサイトを自分好みに編集することができます。 
    15
    どうやらこれはSarah Laneという方の写真ページをテンプレートとしているようです。



    まずは早速ですがホームページタイトルから編集していきます。
    私六角ネジを英訳してHex Screwでいきましょう。



    やり方はとっても簡単。編集したい部分をダブルクリックし、入力するだけで終わります。

     02


    これが


     37
    こうなりました。おー!なんかプロっぽい。



    次は掲載している写真がサラさん?のもののままなので私が撮影した写真に張り替えていきたいと思います。
     


    恥ずかしながら私六角ネジ、趣味で旅行と風景写真撮影をしておりまして、幾つか候補を挙げてみたのでそれを例にしていきます。



    まずWIXの画像の部分にマウスカーソルを合わせ、出てきた
    「画像を追加・管理」のボタンをクリックします。
    46


    するとテンプレートに貼られている既存の画像が一覧として表示されると思います。


     01


    これらをひとつひとつ画像の右下のゴミ箱ボタンで削除していきます。サラさん、、、ゴメンなさい、、、



    何もない状態になったら次は右上の画像を追加ボタンを押します。
    画像のアップロードもいたってシンプルで次のページの右上、画像をアップロードからご自身のデータを選択するだけで可能です。

    40


     この画面に写真を追加していきます。



    今回は私の撮影した7枚の様々な場所の写真をあげてみました。

    14


    アップロードしたら画像ひとつひとつクリックし、チェックマークをつけたら左下のギャラリーに追加で簡単にアップロードすることができます。



    実際にアップロードした後のホームページはこんな感じです。


    31


    いやー、なんか自分が撮った写真がこうしてページに掲載されているだけでなんか緊張しちゃいます(笑)


    でも今回わざと横長の画像の中に縦長の画像も混ぜておきました。縦長の画像はこの方式で表示されてしまうと見切れてしまいますよね。

    そんな時はまた写真の部分をクリックし、今度はギアになっている設定のボタンを押しましょう。
    48



    そこで出てくるウィンドウで実際に縦長の写真を表示させて画像の表示方法がクロップ担っていると思いますので、これをフィットに直してあげるとちゃんと縦表示ができるようになります。


    で、ここまでくるとある程度ホームページが形になってきたかと思います。ここから先は実際にご自身で触ってみるのが一番の近道だと思います。私も面白そうなのでちょっと使ってみて、何か記事にするような発見があったら書きたいと思います。


    いちおう参考までに私が2時間ほどいじってみて作成したページを掲載しておきますので参考程度になったら幸いです。




    ちなみに
    WIXを使って思ったことですが、簡単の一言に尽きますね。 
    いままではHTMLを勉強したり、様々なところから素材を拾ってきたり、ページレイアウトが悪かったらコード書きなおしたり、ページひとつ作るのにとても時間と労力が必要だったのですが、その時間のほとんどがこのサイトで省略できるようになったわけです。
    まさにインターネットの革命だと感じました。
     
    長い文章でしたが読んでいただきありがとうございます。 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです



    今日は蟻の観察日記その2です。
    私はまだ蟻を飼い始めて一ヶ月とちょっとしか経っていないので毎日が発見の連続です。そして前回の記事の中でひとつ気づいたことがありました。

    それは
    ありさん12
     この黒い丸ポチの付いているのが大きくなった卵だと思っていたらどうやら繭のようです。
    今この丸ポチ付きの繭がだいたい5〜7個ほどあります。

    つまりそろそろ子供の誕生くる!?
    (゚∀゚ )

    と期待しております。 


    またそれとは別にうねうねしている幼虫が四匹、小さな卵が確認できるだけで5個はあります。
    今年中に大ケースへの引っ越しをするという夢が叶うかも!?

    ありさん10

    今はまだもうひとつの部屋が隔離されてしまっているのでこっちの部屋を餌場兼住居としています。



    それともう一つ大きな出来事がありました。
    先日自然公園を散歩していたら何とクロオオアリの女王を発見することができました!
    ありさん6

    二匹になった女王蟻たち・・・

    もう片方の女王は外でとってきたからなのでしょうか、何度掃除してもカビが湧いてしまいます。
    ありさん7

     100均のタッパーの上部に小さな空気穴を開けて、そこに石膏を敷き詰めて巣を作りました。
    現在卵が4個ほど確認できます。

    カビがあることで死んでしまうのは心配なのですが、無理やり引越しをさせてストレスで卵を食べてしまわないかも心配です。

     
    なにはともあれ蟻からは発見が多く面白いです。
    小型種も挑戦してみたいですね。
    ありさん8

    それでは! 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです

    今回は前回に引き続きペルチェ素子の記事にしようと思います。
    前回のペルチェ素子の解説があまりにもざっくりすぎたのでもう少し踏み込んで解説しようと思います。

    まずペルチェ素子は本来電圧の印加でおもて面と裏面がそれぞれ発熱、吸熱される素子です。
    つまり、前回お話しした発電というのは、モーターは電気を流せば回る。逆にモーターを回すと電気が流れるというのと同じ仕組みで(と思ってください)発電することが可能であるということになります。
    この発電のことをゼーペック効果と言います。


    んで


    今回はそのゼーペック効果を確かめるべくちょっとした実験をしてみました。
    ゼーペック効果で大切なことはおもて面と裏面の温度差をいかに与えてやるかだということを聞いていたので、直に温めるのではなく熱が均一になるように加熱面及び冷却面に銅板を置いて実験しました。
    IMG_2924
     実験器具の様子

     まずはじめに私の手(36.5℃)と気温(25℃)でゼーペック効果を発生させてみます。

    IMG_2920
     最初に少し熱が伝わるまでのラグがあり、数秒後には電圧が安定して出力されました。

    結果は・・・

    IMG_2919

    0.94Vでした。以外と少ない(´・ω・`)

    てっきり2V~4Vくらいの出力があるものだと考えていたので雲行きがあやしい方向に・・・

    次は温水 (60℃)と室温(25℃)で実験。手と室温の温度差で0.9Vだったのでまあ良くて5Vくらいは出てくれると嬉しいなと思い実験開始

    IMG_2922

     今回は下部に冷却用のファンも取り付けてみました。多少は熱効率が良くなるだろう。

    結果は・・・


    IMG_2923
    すっげえ出てるように見えますが桁がひとつ落ちているのでV換算で0,25V・・・

     ええええええええΣ(゚Д゚)


    まさかの半分以下という結果。

    なぜだろうと思い調べてみたら、素子の中を熱が移動して表裏での温度差がなくなってしまうようです。 

    つまり冷却不足、という結果です。

    これは発電機で使うのには結構な冷却装置と加熱するエネルギーが必要になるな。


    とここで行き詰ってしまいましたが、もう逆転の発想でも良いやと。
     最初に書いた通りペルチェ素子は電圧印加によって表と裏に加熱、吸熱を起こすことが可能です。

    なので


    次回はこのペルチェ素子を使ってドリンククーラー&ウォーマーを制作したいと思います(笑)

    発電は結構お金と時間がかかりそうだったのでやりたいことBOXにいれておくことにします。

    余談ですが、この実験の後乾電池4本の電池ボックス(6V)をつないでみたところ片側はアチチ、となるくらいまでの発熱を確認できました。
    一方冷却面に関してはあまり冷たくなっていないので調べてみるとどうやらペルチェ素子の内部では消費電力分の熱が熱移動とは別に発生しているようで、こいつが邪魔をしているようでした。

    つまりドリンクウォーマーの開発は容易であるが、クーラーの開発はしっかりと排熱を行わないといけないという結果が出ました。

    読んでいただきありがとうございます。 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです




    最近どこに行っても聞くようになったエネルギー問題。
    これは日本に限った話ではなく、地球の人口増加とともにその資源やエネルギーの供給不足がうきぼりとなって来た結果なのでしょう。

    というわけで今回の工作のテーマはエネルギー利用です。( 。゚Д゚。)

    一重にエネルギーと言っても、その種類は非常に多く
    太陽光、風力、火力、原子力、珍しいものだと潮汐力なんてのもありますね。

    今回の工作ではこの中の火力に焦点を当ててエネルギー利用をしていきたいと思います。


    現在の火力発電は火力によりタービンを回して発電しています。
    つまり熱をそのまま電気に変換しているわけではないんです。

    そこで今回熱をそのまま電気に変換するペルチェ素子という部品を使って工作をしてみたいと思います。

    ペルチェ素子って言うのは
    image


    こんな素子で、詳しい原理などはここには記載しませんが、要約すると表面と裏面の温度差を利用して発電することが可能です。

    次回の記事からは実際に工作をしてみたいと思います。
    ペルチェ素子を使うのは初めてなので効率など悪くなってしまうかも知れませんが
    エネルギー変換の過程を学ぶという意味で挑戦してみたいと思います。

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです


    今回の記事は自作アケコンの最終編です。
    アケコンの基盤を作る。と聞くと電子回路の高度な知識が必要と感じる方も多いかもしれませんが、今回はそんな問題を大幅にカットできる乗っ取りという手法を用いて制作していきます。

    乗っ取りとは市販の商品の基盤を使用して自分で一からつくらずに済むようにすることです。
    今回乗っ取りのベースとして使うのはハードオフで300円で購入したHORIのPS2互換コントローラー
    11
    (画像は参考画像です)
     
    こいつを+ドライバで開けていきます。中の基盤はなるべくケーブルなどに傷をつけないように配慮しながら開けてください。
    ちなみになぜ出荷本数も多く安価で購入できる純正Dual Shock2で乗っ取りを行わないのかというところですが。
    実は最初のプランでは純正コントローラーを乗っ取る計画でいました。しかし純正のコントローラーの基盤は平面にプリントされたようなフレキシブル基盤というのを採用していまして、こいつの扱いがとても難しくやむなくあきらめました。
    こちらの参考記事 に詳しい分解の様子が載せられておりますので純正でお考えの方は是非一読しておくことをお勧めします。

    話は戻ってHORIの分解後の 画像がこちらです。
    DSC_0001
     もうすでにジャンパーワイヤを伸ばしてしまっている状態なのですが、各ボタンに対応した銅が剥き出しの部分が基盤にありますのでそこにジャンパーワイヤを半田付けしてください。
    ちなみにGNDは一箇所から取れば大丈夫です。今回私はR1,2の部分がGNDむき出しとなっていたのでそこから拾いました。
    DSC_0002
     次に引っ張ってきたジャンパーワイヤをブレッドボードに落とし、そこから各ボタンに配線を伸ばしていきます。

    ちなみにブレッドボードでなくユニバーサル基板などに半田付けでも良いのですが、私はPS2コン以外にも付け替えをするかも・・・という理由で取り替えの簡単なブレッドボードにしています。

    使用したレバーはセイミツの各端子ごとにGNDと入力部が出ているものなので上下左右間違えずに配置することが大切です。
    DSC_0003


    んで


    配置した結果
    IMG_2817
     こんなごちゃごちゃとした箱内になりました。
    DSC_0003 (1)
    基盤が浮いているままでは怖いのでセロハンテープとグルーガンで箱内に止めてしまいます。

    これでひとまずは完成。
    次回はおまけ編で動作チェックを行いたいと思います。 
    DSC_0004
     
    初めての自作アケコンだったのでイマイチな部分も多く解説も分かりづらいところが多かったかもしれません。
    きっとまた制作すると思いますのでその時は宜しくお願いします。

    コメントなどいただければ質問にもお答えします。

    長い文章となってしまいましたが、読んでいただきありがとうございます。 

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~
    管理人の六角ネジです



    実は最近趣味で蟻の飼育を始めました。
    最初の一匹はありんこすぽっとさんで飼育セット+オオクロアリを購入。
    届いた時にはすでに女王蟻が四個ほどの卵を産んでいた状態だったので、あまり刺激しないように移動させて女王がいない部屋を餌場にしようともう片方に付属のサプリメントとハチミツを混ぜたものを置いて様子を見てみることにしました。
    女王がいる部屋は一瞬だけ開けて中に水をしみこませたスポンジを配置いておきました。

    それから一ヶ月。そろそろ生活環境も安定してきたきがするのでブログに上げようかと思い立ちました。
    まず大きな変化は女王蟻が湿度管理のために入れておいたスポンジをかじって部屋の仕切りにしていたこと。

    DSC_0033
    この写真の
    DSC_0033 2
    この部分を見てみると餌場と部屋の間にゴミやスポンジを詰めて蓋にしているのがわかります。
    どうやらもう片方を餌場としてではなく未開の地=怖いものと認識してしまい隔離してしまったようです。
    なので餌は週に一回スポンジを交換する際にスポンジに少量のサプリメントをしみこませることにしました。
     DSC_0035
    結果働きアリがいない今の部屋の状況はこんな感じです。 
    隅っこに幼虫と卵を集中させて積極的にお世話している様子が伺えます。
     DSC_0034
    現在の卵の個数はおよそ十個から十二個ほどで、幼虫が二匹いる状態です。
    現在まででもかなり試行錯誤をしながらお世話をしてきたので働きアリが生まれる日がかなり待ち遠しいです。
     DSC_0037
    今年のうちに大型の巣に移せるくらいの大家族に成長してくれたらいいなぁと個人的には思っておりますが、そこは俺の腕と女王のコンディション次第でしょうか。
     

    このページのトップヘ