理系男子は電気素子の夢を見るか

こんにちは!管理人の六角ネジです。 私は現在理系大学に通っており、電子系を専門として勉強しています。 このブログではそんな私が興味を持ったものや実際に作ってみたもののことなどを書いていきたいと思います。

    カテゴリ: レトロゲーム

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです



    kira_011

    今日の記事は来月末発売予定のなんとファミコンの新作ゲーム!
    「キラキラスターナイトDX」

    について書いていこうと思います。 

    まず注目すべきところは、今作はファミコン実機・互換機対応ゲームソフトだということです。
    ゲームの内容としてはゲームソフトというよりもサウンドトラックに近いようではありますが、一応女の子がステージを駆け巡り星を集めるミニゲームが遊べるようです。

    各ステージごとに当時の有名ゲームの音楽を手掛けた方々が曲を作曲しているようでファンの方ならそれだけで買う価値があること間違いなしの一品のようです。

    作曲をしている方は具体的には
    スターソルジャーや迷宮組曲、カトちゃんケンちゃんなどの曲を手掛けた国本剛章さん。
    ゼビウス、ディグダグ、ドラゴンバスターなどの曲を手掛けた慶野由利子さん。
    イース、アクトレイザー、セブンスドラゴンなどの曲を手掛けた古代祐三さん。
    サマーカーニバル92烈火、マックスウォーリアーなどの曲を手掛けた塩田信之さん。
    8BIT MUSIC POWERで作曲を手掛けたTappyさん。
    同じく8BIT MUSIC POWERで曲を手掛けたHallyさん。
    FINAL FANTASY X CHIPSなどで曲を手掛けたBunさん。
    ロックマン、ロックマン2などで曲を手掛けた松前真奈美さん。
    ファミリーミュージック、ファミリーレーシングなどで曲を手掛けた
    除村武志さん。
    SquareSoundsTokyo 2014などで曲を手掛けたRobokabutoさん。
    メタルブラック、ボーダーダウンなどで曲を手掛けた渡部恭久さんが参加しているようです。
    過去作品を見ても分かる通り作曲家としてどの方も神様レベルの実力者。
    あのころ聞いたあの曲の雰囲気をもう一度味わうことができるかもしれません。

    さらにこの作品のすごいところはドット絵を担当している方々も実力者ぞろいということです。
    パックマンに始まりギャラガ、ゼビウス、マッピー、ディグダグ、ドラゴンバスターなど名作のドットを多く手がけてきた小野浩さん。
    ストリートファイターゼロ3などの作品を手掛けたEinさん。
    またドット絵を利用したTシャツを販売しているBAN-8KUさんが手掛けているようです。

    きになるそのクオリティはyoutubeにプレイ動画が上がっていたので参考にしてみてください。

     
    実機でも起動可能と書いてありますが、まさかファミコンでここまで綺麗にドット絵が動くとはオドロキです。

    数十年経ってもチップチューンとして親しまれ続けている8bitミュージック。

    ご家庭のタンスにファミコンが眠っている方は是非掘り起こして起動してみてはいかがでしょうか。 


     

    こんにちは
    (*´・ω`)y━・~~

    管理人の六角ネジです


    今日は私の趣味のひとつであるレトロゲームの収集及びプレイについての記事にしたいと思います。
    DSC_0014

    まずはレトロゲームに親しみがない方もいると思うので、まず今現在どこまでがレトロゲームに当てはまるのかを考えてみたいと思います。
    103

    一応wikipediaを調べてみると
    明確な定義が設けられているわけではなく、特に家庭用ゲーム機においては主に年代によって変化していく概念である。2003年ごろはファミコン以前を指していた。2007年ごろにはセガサターンプレイステーション1994年)より前に発売されたハードの作品を指していた。その後、特にゲーム通販サイトでは、2011年のレトロゲームに加え、セガサターン、プレイステーション、さらにはニンテンドー64やドリームキャストらを含むことがある。
    wikipediaより引用

    となっておりました。しかし私はこれとは違った解釈をしたいんです。
    というのも私が生まれたのは1990年代半ば、物心ついたときはゲームボーイとプレステの全盛期でした。
    今現在のwikipediaを参考にするともう既にこの時代のゲーム達はレトロゲームのくくりに入れられてしまうのかもしれませんが、私にとっては今もなお考えの根底にありPS4のゲームをしている時でさえふと思い出してしまうようなそんなゲーム達ばかりだからです。

    まあながながとよくわからないことを書いてきましたが、私がしたいレトロゲームの定義というのは自分が生まれるよりも前の時代のゲーム、にしたいということです。

    例えばですが、私が大好きなスーパーメトロイド
    516VHQZS7FL
    このゲームの発売は1994年ですが、それ以前に生まれ、ファミコンをやっていた世代の方にとって革命とも言えるようなゲームだったはずです。当時としては芸術とまで言えるほどのドット絵の美しさと音楽性の高さ、私がこのゲームをプレイしたのは2000年ほどでしたが、それでも驚きを隠せなかった記憶があります。
    そしてこのゲームは今なおスーパーミートボーイなどに影響を与えているわけですが、そういった方からするとこのゲームは今なお熱いコンテンツであり、レトロという言葉で一括りにしてほしくないと感じることでしょう。
    016

    ということで、私が生まれた1990年半ば以前、私にとってはスーパーファミコンの前期ソフト以前のゲームをレトロゲームとして定義して記事を書いていきたいと思います。

    まあ要するにファミコンとかPCエンジン、メガドライブあたりがドンピシャなコンテンツです。

    私は学部が理系ということもあり、友人とものづくりをしたり、はたまた新作の電化製品を見に行ったりと秋葉原によく足を運ぶのですが、その中で欠かせないルートの一つにレトロゲーム屋さんがあります。有名なところでいうとスーパーポテトさんとかですね。

    行くたび変わる品揃えや、ネット上で動画で見てプレイしたいと思っていたらたまたま置いてあったりと出会いが多いのがいいところです。
    DSC_0013


    またファミコンやスーファミのソフトで遊ぶことのメリットはゲームカセットの単価が安く、名作といわれるものでもプレミアさえ付いていなければ数百円で買えてしまいます。

    このゼビウスも200円からの購入が可能です。

    また最近では古いハードの実機が寿命を迎えてしまっている場合も多いかもしれません。
    時代がすすみこうした問題は容易に解決できるようになっており、現在は互換機というゲームハードが登場しておりカセットさえ所持していればこの互換機を使ってゲームをプレイすることが可能です。


    このレトロフリークに至ってはファミコン・スーファミ・ゲームボーイ各種・PCエンジン・メガドライブとものすごい幅広くゲームを遊ぶことができます。ちなみに我が家でも大活躍しています。

    現在私が所有するゲームの多くはファミコンで、本数は約50本ほどです
    DSC_0017
    ここに写っているカセット以外にもタンスの中にしまっているカセットが幾つかあります。

    もちろんこの全てが名作であるとは言いません。ただこのカセットの中にはロックマンやカービィ、ゼルダの伝説といった今でも現役で新作が出ているものもあります。

    ゼルダの新作買っちゃったよ!と喜んでいる裏にはこれだけの歴史と人の夢が詰まっているのかと思うと胸が熱くなります。

    当時はゲームに使うことのできる容量が少なく、いかに低用量で面白く、長く遊べるゲームを作るか、というプログラマーやデザイナーの手腕が光っている時代でもありました。

    9f86c2032948a9318d84b6d9149ac575

     このマリオの画像は海外の方が作成したもので、画像ファイルが283kbに対して初代スーパーマリオはたった40kbで作られていた、とかいてあります。
    まあこの画像実は50kbくらいしかないのですが、それはさておき世界的な大ヒットを記録し、後世に超強力な影響を与えたマリオが、今の時代の画素数の荒い画像の数分の一の容量に収まっていたということに価値があるということでしょう。

    またファイナルファンタジー1と3の開発においても、飛空艇に影をつけたいと思った開発が天才プログラマーのナージャに連絡したところ翌日には影がつくのみならず四倍速での飛行をしていたり、3ではハードの性能を大幅に上回るプログラムを書いていたためリメイクが難航した、という逸話が出てくるほどに当時プログラマーの努力がいかにゲームにおいて心臓部分であったかが伺えます。
    dq3ff4

    ここに私は最大のロマンを感じざるをえないのです。

    今現在ゲームは大きく進化し、まるで実写のような作品が毎年何本もリリースされる時代になりました。もちろん私はそれらを買ってプレイしています。中には忘れられないような感動的な作品であったり、一生遊べるほどの容量があるゲームもあります。

    ただその根底に、数多くのプログラマーや開発者の夢がつまったレトロゲーム達があったという事実を私は誇らしく、素晴らしいものだと思います。


    長文失礼しました。 






    PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント
    2015-06-29

     

    このページのトップヘ